人生100年時代、まだ4割超えたばかり

中途半端な40代シングル会社員の戯言を綴っています。