人生100年時代、まだ4割超えたばかり

中途半端な40代シングル会社員の戯言を綴っています。

シャンパンやスパークリングの抜栓は、ワイヤー(王冠)を着けたままで!

f:id:good-dog:20180220074617j:image

優雅なひと時を味わえるシャンパンやスパークリングワイン🍾🥂

自宅でお祝いする時に、少し難儀するのがコルクの抜栓だと思います。

どうやって抜栓すれば良いのか?そもそもワインの抜栓とどう違うのか。

 

シャンパンというと、F1レースの終了後、優勝したチームの人たちが勢いよく親指でコルクをポンっと抜き出し、噴水のように泡を吹き飛ばすイメージがあります。少し年代が古いでしょうか(笑)

 

当方は、何の考えもなく何年か前のクリスマスにモエエシャンドンのシャンパンを買ったところ、F1のイメージだけで抜栓方法が分からず、困りました。

 

そこで、YouTubeを調べたところ、プロのソムリエによる非常に分かりやすい動画を発見し、丸ごと真似したところ、スムーズに抜栓できました!

泡は吹き飛ばさず、ポンっという音は出さないのが、正しい抜栓方法です。

参考までに、動画ではなく、関連サイトを掲載します。

https://www.wine-what.jp/wine/1342/amp/

 

自宅では年に何回も飲まないシャンパンですが、最近は安いスパークリングも飲むようになり、コルク抜栓の機会が増えました。慣れてきた先日、コルクがあまりにも固すぎて、自分の腕力では抜栓できませんでした。

 

布巾を被せて抜こうとしたり、親指で泡を吹き飛ばすやり方をやってみたり。

 

酒屋に持ち込んで店主に開けてもらおうか迷っていた時、写真のワイヤーである王冠(ミュズレ)を被せて抜栓したら、スムーズにできました!ミュズレがコルクの滑り止めになっていました。

 

以前はミュズレを着けたまま抜栓していたのに、最近は邪魔なことが多く、抜栓しにくかったため、外していたのです。

 

抜栓ひとつでも、正しい方法を守ることが大事ですね!