人生100年時代、まだ4割超えたばかり

中途半端な40代シングル会社員の戯言を綴っています。

エノテカ ハーフボトル ワインセット 10本を試してみた

家飲みワインセット10本というと、飲み切るのに非常に時間がかかるように思われますが、ハーフボトルですと、あっという間に消えて無くなりました。

f:id:good-dog:20180222023106j:plain

写真のハーフワインセットは10本で1万円でしたので、1本1000円。同じものをフルボトルで買うと、約1万8000円程度です。ハーフボトル自体のコスパはフルボトルに比べて悪いのは否めません。

ワインは1月下旬に購入しました。丁度1ヶ月で飲み切った感じです。残念ながらすでに販売終了。不定期的にハーフワインセットのキャンペーンをやっているようですので、気になる方はエノテカのサイトをしばしばチェックして下さい。私はツイッターエノテカ公式サイトで知りました。

写真上段が白と泡。下段が赤。

 ラインナップは、チリのモンテスアルファ、ボルドークラレンドル、ニュージーランドのシレーニなど、比較的エノテカベストセラーが揃っていました。

 しかし、外れもありました。あえて銘柄は述べませんが、二度と買わない銘柄が2つ。積極的には買わない銘柄が2つ。残り6つはリピ買いありかな、という感想です。

二度と買わない銘柄は、軽くてフルーティなビール🍺のような味がしたものと、ほうじ茶のような渋味の強すぎる赤ワインでした。

2015年に現実逃避目的でワインを飲み始めてから、家飲みワインで外れを引くことがあまりなかったのに、今年は外れが増えています。原因を考えたところ、今までソムリエのいるレストランで飲んで美味しかったワインや、月1のワイン講座で美味しかったワインをサイトで調べて購入していたのに、今年は自分でセレクトしています。

プロの選択眼を改めて実感しました。

また、ワイン通の個人がオススメする安旨ワインの中で、最大公約数的なワインは、ほぼ正解だと強く思いました。もちろん本人の舌の好みで違いはあります。それでも安旨ワインは外れも多いという勉強になりました。

 

個人的に美味しかったベスト3本を掲載します。

クラレンドルとヴィーニャエスメラルダとモンテスアルファです。

 フルボトルのサイトを順に掲載しておきます。

クラレンドル ブラン

ボルドーの白。ソーヴィニヨンブランとセミヨンのバランスが良い。

https://www.enoteca.co.jp/item/detail/010105962

 

◆ヴィーニャエスメラルダ  

→スペインの白。ゲヴェルツとモスカテルのブレンド。ゲヴェルツ由来のフルーティな味わいが良い。

https://www.enoteca.co.jp/item/detail/080052002

◆モンテスアルファ

→チリ産の赤。チリカベの王道で、安旨としてはかなりコスパが高いです。

https://www.enoteca.co.jp/item/detail/066810121